伊勢市駅すぐ バリアフリー
診療時間9:00~12:00/14:00~19:00 土曜午後は17:30まで 休診日:木曜・日曜・祝日

〒516-0072  三重県伊勢市宮後1-8-3 TEL:0596-28-2426

伊勢市の予防歯科、歯周病治療、インプラント、審美歯科なら山口歯科医院へ

マタニティ歯科

求人案内

HOME»  マタニティ歯科

マタニティ歯科について

マタニティ歯科とは妊婦さんを対象とした診療の事です。妊娠中はホルモンバランスの影響で、歯周病等になりやすく、歯周病は陣痛を促進させる原因にもなっていると言われております。そのため早産や低体重児出産の危険性が高まります。
妊娠中は普段よりお口のケアに注意することが必要ですので、歯科医院で定期的に処置や治療を受けましょう。

治療を受けるタイミング

「妊娠中には歯科治療は受けられない」と思われている方は少なくありません。しかし、タイミングをしっかり見極めれば、むしろ受けたほうがいいといえます。出産後は育児に追われ、歯科に行くこともままならなくなります。一度ご来院いただき、適切な治療や予防処置を受けることをおすすめします。

妊娠1~4ヵ月(前期)

つわりがあり、お口の中の治療が難しいうえに、切迫流産の危険性もある時期。緊急を要する症状がない場合には、この時期の治療は控えたほうがいいでしょう。

妊娠5~8ヵ月(中期)

安定期に入り、つわりも落ちついてくる時期。とくに身体に問題がなければ、治療にもっとも適した時期といえます。何か自覚症状がなくても、一度検診を受けるようにしましょう。

妊娠9ヵ月~(後期)

いつ陣痛が起きてもおかしくない時期。お腹も大きくなり、診療台に横たわるのも辛くなります。できればこの時期までに治療は済ませておきましょう。

つわりで歯磨きが辛い方へ

つわりの影響で歯ブラシを口の中にいれることが辛いという方もいらっしゃるかと思います。 その場合は以下のように、できるだけお口のケアを行ってください。

歯磨き粉を使わない

歯磨き粉の味やにおいがダメという場合もあります。無理に歯磨き粉を使う必要はありません。水でブラッシングするだけでも効果があります。

歯ブラシを小さいものにする

歯ブラシのヘッドが小さいものにするだけでも、お口に入れやすくなることもあります。その場合はデンタルフロスや歯間ブラシなどで補助清掃を行いましょう。

歯磨き以外

水や殺菌作用のある緑茶等でうがいをする。食後に繊維質の多いリンゴを噛んで食べるということでもお口の中をすっきりさせることができます。

マタニティ歯科の注意点

お薬

基本的には妊娠中はお薬を使用しません。 しかし、お薬を使用しない方が悪影響の場合がありますので、胎児に影響がない必要最低限のお薬を使用することがあります。

麻酔

当院で使用する麻酔は、産婦人科等で使用している麻酔ですので、問題な無く使用が可能です。
痛みによるストレスは母体の負担となりますので、痛みを緩和することで母体への負担や胎児への影響を軽減する為に、産婦人科の主治医にご相談の上、使用いたします。

X線

妊娠中に歯科用のX線検査を受けても胎児に影響は特にありませんが、母体と胎児の健康を考えてできるだけ控えております。
治療を受けられる際は、産婦人科の主治医にご相談下さい。

母子感染

生まれたばかりの赤ちゃんには、むし歯の原因となるミュータンス菌はいません。では、なぜむし歯ができてしまうのでしょうか?
最も可能性が高いのはお母さん、あとは赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちです。まずはお母さんのお口の状態をきれいに維持しましょう。

>>母子感染の予防について

PageTop