インプラント

山口歯科医院TOP > インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。
失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。
インプラントは「第2の永久歯」と言われるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近、インプラント治療を受ける方が急速に増えています。
インプラントは顎の骨と結合し、しっかりと固定されるので、入れ歯のように外れたり合わなくなったりする心配がありません。
当院では安心・安全なインプラント手術のためにCTを導入しています。

■インプラント

メリット

○咬み心地は自分の歯とほぼ同じです。
○周りの歯を傷つけません。
○見た目がきれいです。
○自分の歯を保護します。


デメリット

×治療時間が長くかかります。
×比較的費用がかかります。
×メンテナンスが必ず必要です。

■ブリッジ

メリット

○固定式のため、ほとんど違和感や装着感がありません。
○素材や失った歯の場所によっては健康保険での治療ができます。


デメリット

×治健康な両隣の歯を削らなければなりません。
×咬む力を少ない歯で支えるため、歯への負担が大きくなります。時として、咬む力により支えの歯が割れたり、折れたりする場合があります。
×審美的なブリッジはインプラントと同様に健康保険適応外となります。

■部分入れ歯

メリット

○素材によっては健康保険が適応できるため安価で治療できます。


デメリット

×天然の歯と同じような強い力で咬むことができません。
×残っている歯にバネをかけるため汚れがたまりやすくなります。
×プラスチックが口の中を大きく覆う事になり、異物感が大きくなります。
×発音しづらく、味覚・温度感覚が阻害されます。
×歯肉が痛くなったり、部分入れ歯が壊れることがあります。

head

Step1

・カウンセリング
・インプラントについての説明
・CT撮影

head

Step2

・治療計画とインプラント手術の説明
・同意書の作成
・手術前クリーニング

head

Step3

・インプラント埋入手術
 
 

head

Step4

・インプラント歯の作製
 
 

head

Step5

・インプラントメインテナンスへ
 
 


ソケットリフト

上顎骨には上顎洞という空洞があります。上顎にインプラントを行うときには、この空洞より下の部分までインプラントを埋入するのですが、その部分の骨が足りない場合、ソケットリフトという処置を行って、上顎洞を持ち上げてその空いた空間には、骨置換材を入れインプラントを埋入します。当院では骨の少ない方にはソケットリフトにて対応しております。

リッジエキスパンジョン(骨の幅が狭い場合に骨を広げる方法)

インプラントを埋入する際、その部位の骨の厚みや高さは十分でも幅が不足していることがよくあります。このような症例に対して行われる手法に「リッジエキスパンジョン」というものがあります。この方法はインプラントを埋入する部位の不足している骨の幅を広げる手法で、ボーンスプレダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的に圧縮・拡大・形成します。

GBR法

「骨再生誘導法」とも呼ばれる技術で、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法です。
骨を作りたい所に骨補填材(骨が出来るのを助ける材料)を盛り上げ、その上を膜で覆います。
数ヶ月後には、膜の内側には骨が出来ます。

・インプラントを植立する前に骨を形成する方法(段階法)

歯肉の中に骨の再生を促す特殊なGBR膜を入れます。
状態によって異なりますが、約6ヶ月間で膜に覆われた部分の骨が再生(成熟)します。膜を除去し、インプラントに適した骨が膜の下に再生しているのでインプラントの植立を行います。この方法は治療期間が長くなりますが、もともと大きく骨の幅がない人などはこのGBR法を行ってからインプラントを行う必要性があります。
無理な状態でインプラントを行ったとしても長期的な安定は期待できません。今後のことを考えれば確実な選択と言えます。

・インプラントの埋入と同時に行う方法(同時法)

インプラントを行うには骨が少ないが(骨幅に問題があるが)、段階法をしなくても大丈夫な場合に適応します。
インプラントを植立すると同時にGBR膜を併用します。3〜6ヶ月後に膜を除去し、後は上部構造を作製するだけです。

インプラント治療は、インプラントを埋入して上部構造ができたらおしまい・・・
というわけではありません。


自然の歯でもそうであるように、インプラントによる人工の歯も手入れをしていかないと長持ちは期待できません。
インプラントそのものは金属であるため、虫歯になることはありません。しかしながら、清掃不良によりインプラント周囲の組織の炎症がひどくなると、インプラント周囲炎と呼ばれる非常に治りにくい厄介な事となります。
ですからせっかくお金をかけて(決して安い買い物ではないと思います)、痛い思いもして手に入れたお口の中ですからできることならば長持ちさせていただきたい・・・と、私たちは考えています。

インプラントを長持ちさせるには

インプラントを長持ちさせるには正しいブラッシングと定期的なメインテナンスが大切です。
清潔に保たれていない場合、インプラント周囲炎を起こすことがあります。これは、歯周病(歯槽膿漏)に似た症状で、進行すると歯槽骨が吸収されていきます。
歯周病と同様に痛みや腫れなどの自覚症状を伴わないので、定期検診により早期発見をすることが大切です。
毎日ブラッシングしているつもりでも、自己流のブラッシングではきちんと磨けていない部分があります。歯科衛生士さんからブラッシング指導を受け、正しい方法を身につけましょう。

歯が抜けてしまった後に、どのような治療法を選択するかも重要ですが、
その前に歯を抜けたままにしておかないということがとても重要です。

歯を抜いたままにしておくと、次のような影響が出てきます。

1.機能面への影響   2.審美面への影響   3.生活面への影響

1.機能面への影響

・抜けた歯と咬み合っていた歯が抜けた歯のスペースに伸びて出てくる(対合歯の挺出)
・抜けた歯の両隣の歯が抜けた歯のスペースに動き、傾いてくる(隣接歯の傾斜)
・上記が起こることによって、咬み合わせがおかしくなる(咬合の不調和・顎偏位症)

2.審美面への影響

・歯が抜けたままであることによって見た目が悪くなる
・歯の骨が溶けることによって、歯ぐきの位置が下がってくる
・顔の輪郭が変化してくる

3.生活面への影響

・きちんと咬めないことで胃腸に負担がかかる(咀嚼障害による胃腸への負担)
・上手く発音が出来なくなる
・脳への刺激減少

入れ歯から解放されて、食事の楽しみを取り戻す。


入れ歯の問題点

・口内環境への影響
・食事への影響
・会話への影響
・精神的影響

page_top
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 義歯・入れ歯
  • 矯正治療